Windows8.1アップグレードにはご用心

Windows8.1アップグレード いろいろと問題発生しますので、時間をちゃんと準備してから実行してね。という緊急(T_T)情報。

私の場合の問題発生項目
1 時間がかかる
 PC自体のアップグレードファイルを含めて、ダウンロードファイルが5GB近くになるので、ネットワーク速度に応じてそれなりに時間がかかる。
 しかも、SSDなのに、Windows8.1そのもののインストールにもかなり時間がかかる。アップグレードではなく、半端に新OS入れるくらい時間かかる。
 都合3回程度の再起動必要(SSDでよかった…) 対策>あきらめる

2 特定ソフトで画面がボケる
 助けてくれた先人>Win8からWin8.1にアップデートして画面がぼやけて感じる(解像度がおかしい)と感じる場合

3 コントロールキーの入れ替えが無効になる
 コントロールでダイヤモンドキーを使う方は要注意です。アップデートでキー入れ替えもクリアされてしまいますので、再設定・再起動しないといけません。 助けてくれたソフト>KeySwap[Vector]

4 カスタムのスクリーン背景が削除される
 あれっ?
 仮の対策>オンラインで追加テーマを探す(けっこういろいろあるので、まあ結果オーライ)
 もとのデータを置いておきたい人はバックアップ必要かも。

5 ネットワークフィルタがリセットされる
 対策>手動で再設定
 これはバックアップ必須です。

その他思てたんと違う点(時間がないので、後日に対応を検討)
1 スタートを押すと昔風のメニューが出ると思いきや、タイル画面に戻る(スタートであってスタートではない問題)
  右クリックで管理メニューがでるのは便利だが…(ちなみにそのメニュー上からシャットダウン・再起動等可能)

2 スタートパネルのアプリ位置情報が変更されている。
  これも手動でちまちまと自分の好みに変えるしかないか…

3 8.1の意味が分からない。
  実行ファイルのプロパティにWindow8互換という項目があるので、もしかしたらこのマイナーアップデートでも支障をきたすソフトがあるということかもしれないが、エンドユーザーには変わった部分の意義がよくわからない。

4 インターネットエクスプローラのアドインに互換性問題発生
  これもちまちまとアップデートしていくしかないか…

5 エクスプローラの表示状態が微妙に変わる。
  「SkyDrive」が表に出てきて、「ライブラリ」のフォルダが消える。
  中身は消えていない(当然!)けれども、探すのが面倒だった…

というわけで、忙しい方はWin8.1へのアップデートをするなら、「かなり暇」になった時にやらないと、痛い目を見ますよ。 と。

検索してみたら、みなさん結構ご苦労されているようです。
あーあ。先に検索しておけばよかった。

コメントを残す