医療事故事件受任に関する私の立場

医療事故が発生したとき,患者様やご遺族はいろいろな想いを抱かれると思います。
中には,医師への責任追及をしようと思い立ったものの,周囲の人から(時には病院側からさえ?),そんなに金がほしいんかと中傷されていやな思いをされて,あきらめた方もいるかもしれません。

しかし,少なくとも私がこれまでに受任してきた依頼者の方々には,「とにかく金がほしい」という人は誰もいませんでした。
もっとも求められているのは「真実」は何か,「ほかにもっと手はなかったのか」という事実究明でした。
ただ,残念ながら,依頼者の中には,「自分に都合のよいこと」だけが,「受け入れられる真実」であって,「客観的(科学的)真実」ないしは「合理的判断」であっても,自分の望む結果(医師の謝罪)につながらない「真実」は,断固として聞き入れないというタイプの方も少なからずおられます。

私は,患者側の医療事件しか受任しませんが,是々非々で,しっかりとした事実の裏付けと相当因果関係があると考えた場合だけしか,訴訟は致しません。理解力に乏しい患者さんの場合には,なぜできないかと今度は弁護士に向かってクレームをつけ出すことがありますが,医師の法的責任は軽々に認められるものではないことを説明して,訴訟や示談交渉の受任をお断りさせて頂いています。

弁護士は結果に応じて報酬をいただく職業ですので,受任する以上は最大限の賠償金獲得を目指すのが職務ではありますが,私の立場として,決して事実をゆがめてまで勝訴したいとは考えておりません。

現時点では,手一杯で新たな案件に取り組む余力がありませんが,上記のような私のスタンスをご理解頂ける方のご依頼であれば,誠心誠意対応致します。

今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す