高校生の進路相談(夏休み宿題?)

知り合いから進路夏休み課題研究のためということで,尋ねられたので,答をまとめてみたが,おもしろそうなのでブログにも乗っけておくことにします。
年齢35歳 性別男 職業弁護士
①現在の職業に就こうと決めたのはいつ?
 大卒後,司法試験に合格してから司法研修所で決めた
②理由はなに?
 高校生のころから漠然と法律家になるつもりではいたが,検察官,裁判官,学者などいろいろな選択肢のなかで,弁護士がいちばん自由に活動できる仕事だったから,一般市民の問題解決のために,法律家のなかではいちばんはじめに相談に乗れる職業だから
 最初なりたかった検察官・裁判官は公務員なので,仕事の時間や勤務地,仕事の内容などが自分で自由に決められないからやめた
③どんな資格をもっている?仕事に役立つ?
普通自動車免許,大型自動二輪免許,行政書士
アマチュア無線4級,英語検定2級,TOEFL207(CBT)
 自動車・バイクの免許は仕事で移動するときや交通事故の事件を扱うときに役立つ
 行政書士は行政書士のことがわかる
 無線では,電気や電波の知識があるので,そのような事件を扱うときに役立つ
 英語は海外の法律家と話すときに役立つ
④高校生のときはどんな職業につきたかった?
 検察官か裁判官
 理由 法律を適用して悪を糺す(ただす)ことができる。世の中のためになる。かっこよさそう。
⑤高校生の進路決定で大事なことは?
自分が30歳,40歳,50歳,60歳になったときに,どんな自分で居たいかをよく考えること。そのなりたい自分を目標において,実現のための方法をよく考えること
参考になりましたでしょうか(^^)/

コメントを残す