「WindowsXP」タグアーカイブ

オフ・ザ・ウインドウズ

 WindowsXPだけでなくて、Office2003IE6サポート期限も今年の4月で切れるらしいです。

 それらをすべて最新化するには、XP->8.1、Office2003->2013、IE6->IE11 と変えなければなりません。そのための最低アップグレード経費は、一般論ではOSとofficeソフトだけでもおよそ4万円になり、64bitドライバのない古い周辺機器も入れ替える必要があることを考慮すると、たいがいそれ以上になります。しかし、そこがもったいないと思う貧乏人の方であっても、セキュリティ突破された古いOSやWebブラウザを使い続ければ、いずれ全世界に迷惑がかかるので、絶対にやめてください。

 私の考えでは、もうこの際、設備ごと更新してしまうのが大吉です。64bit環境は十分充実していますし、Windows8.1採用のタブレットPCでも安いものなら3万円台でありますし、マイクロソフトのOffice365というクラウドサービスを使えば、officeの最新ソフトが1ライセンス年12360円から使えます(しかも、1ライセンスで5台までインストール可、インターネットに接続した環境だけで使うなら、年4920円のWeb版でもOfficeがつかえる)ので、PC交換の本体だけなら5万円もあれば十分で、設備更新の価値はあります。

 しかし、もうこれ以上マイクロソフトに献金したくないという方は、Linuxを使って、オールフリーのPC環境を作ることにチャレンジしてはいかがでしょう。そのためのマニュアル的な本も発売されていますので、それほどハードルは高くありません。

 Linuxのデスクトップに慣れれば、日常業務のワープロ・表計算とちょっとした画像処理程度なら、Windowsに劣らない使いやすさがあります。