「防災」タグアーカイブ

大阪市の防災

どこの町でも防災マップを作っていると思われます。「**市 防災」などで検索すると、災害対策のホームページを見ることができます。

例えば、大阪市の場合はこちらをご覧ください。

大阪市の想定条件は、震災の場合、
「発生する確率が今後30年以内に50~60%、大阪市においては震度5強(一部6弱 M8.6程度)の揺れとともに2~3m程度の津波が地震発生後約2時間で来襲」となっています。
それによると、当事務所の所在する大阪市北区西天満付近では、津波の直接の影響はないものの、淀川が氾濫したケースを想定した浸水マップをプラスすると、約1~2mの浸水が想定される地域となっています。

比較的安全な避難方向は、大阪天満宮方面です。
より安全なのは大阪城付近(いわゆる上町台地方面)ですが、万一、橋が崩落・喪失した場合には、たどり着くのが困難になります。

大阪市の防潮堤は、満潮位+3.6m~5.1mで設計されているそうです(つまりそのくらいの高さの津波までは食い止める)。しかし、大阪湾の形状が複雑なので、複数の波が重なる現象が生じる可能性があるのかもしれません。

気になるのは、淀川氾濫時の大阪駅近辺の浸水予測がかなりひどいことです。河口から約10kmはあるので、津波の直接の影響は少ないかもしれませんが、悪条件が重なると、主要交通機関の回復がかなり遅くなるかもしれません。

東北地方太平洋沖地震

亡くなられた方々へ心から哀悼の意を捧げます。
そのほかに言うべき言葉がまだ見つかりません。

どなたかもおっしゃっていましたが,この大災害を目の当たりにして自分が何もできないことをつらく思う必要はないと,私も思います。

人は,日々,自分の持ち場で,一生懸命生きていくことで,他人や社会と関わり,収入を得て,納税をして,そしてその連鎖が,よりよい自分自身や社会を作っていくんだと思っています。

そして,私もまた,月曜日から自分と顧客と社会のために仕事を始めます。
負けないで,苦難に耐えて,生きていきましょう。

一つ参考になるサイトがあったので,載っけておきます。
Google Crisis Response