報酬基準

弁護士山之内桂報酬基準

  2005年3月1日制定(以後必要に応じて随時改訂)

 日弁連・各単位弁護士会の標準報酬基準は,平成16年4月1日に廃止され,弁護士報酬は自由化されています。くわしい情報は日弁連サイト(←クリック)をご覧ください。
 大阪でも,標準報酬規定はありませんが,総合法律相談センター業務実施規則で,報酬参考基準が定められているほか,日本司法支援センター(法テラス)の民事法律援助基準が定められているなど,一定の参考となる指標は示されています。
 当職は,できる限りリーズナブルな報酬体系にするため,それらの基準に近い内容の報酬基準としております。

 平成25年10月8日、当職の業務実態に合わせて改定しました。全体的には増額になっていますが、それでもまだ相対的には低めの設定で頑張ります。

 内容に関するご意見・ご質問はお気軽に当職までお寄せください。

本文(PDF)
弁護士山之内桂報酬基準(H25.10.8改定)pdficon

大阪弁護士会
大阪弁護士会総合法律相談センターの報酬参考基準(PDF形式)pdficon

法テラス
要件確認体験ページ(別窓)
報酬基準pdficon

 PDFファイルを閲覧するには,閲覧ソフトが必要です。下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

getreader

医療過誤、マンション管理,示談交渉・調停・訴訟、交通事故、債務問題、相続・遺言、その他一般民事・商事に対応

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。